自治体(行政)にも必要とされる技術でした。

自分の持っているスキルは、自治体でも欲しいスキルでした。

考えてみれば、

農家さんが、お米を売ってがんばりたい。

行政もその市町村エリアの発展を目指したい。
(というか目指さないと過疎化するおそれもある。)

というところで、考えは一緒なんですよね。

でも現在は、IT技術、ネットマーケティングを知らないと、いろいろと効果が期待できないんですよね。IT関連業者さんはたくさんいますが、何かと知識、技術が偏っているためにうまくいかなかったり。またバランスが良くても。。。(企業秘密です)

自治体関係者向けの発信になりますけど、

自分がいま思っているのは、地方交付金をもらっている行政からは、売上をあげたくない。必要経費(交通費、宿泊費)はもらいたいですけど。

行政でなく、その市町村の民間企業から売上をあげたいなと。

もしくはその市町村にいる民間の売上がしっかり上がるようになってから、行政機関から売上をあげてもよいかと。

結局、自分がいるところは東京方面なので、一極集中の納税になってしまうからなんですけどね。

とまぁ、これからは行政の方とも連携して、進めていこうか考えております。

地道な営業活動

いま展開予定の農家さん。すでに年内の予約で完売状態だそうです。

なので、今期に販売する分はほぼありません。

ネットで知れ渡ったと言うより、生産農家さんの地道な営業活動の成果です。これに勝るものはありません。

また、こちらとしましてもちょっと変わった手法で展開する余裕が出来ましたので現在調整中です。