地方創生に関わっている状態

現在、農家さんを応援するために、やはり地方創生事業?みたいなことになってます。

その地の行政の担当の方と、いろいろなやり取りをしながら。やはりその地も過疎化が進み始めているんですね。人口が徐々に減ってます。

ただ、その場所では、観光地としても有効と見ることができるので、観光スポットや宿泊施設の応援を始めてます。

ただ、やっぱり必要経費だけは出して欲しいなと。

旅費交通費ってものです。都心からその場所へ行くにはちょっと日帰りでは無理。不可能ではないのですが、あまり時間も有効に使えない。

このページを見ている人は、いろんな経路をたどって見つけられていると思うのですが、IT技術も駆使して、なおかつ。。。どうしていこうかな?なんて考えながら走ってます。

こういうことは早い方がいいでしょうと。時間が経過するごとに良くなるどころか、悪くなるばかりなんですから。まだ行政の体力があるうちに動かないと立ち直りが難しくなるかなと。

自治体(行政)にも必要とされる技術でした。

自分の持っているスキルは、自治体でも欲しいスキルでした。

考えてみれば、

農家さんが、お米を売ってがんばりたい。

行政もその市町村エリアの発展を目指したい。
(というか目指さないと過疎化するおそれもある。)

というところで、考えは一緒なんですよね。

でも現在は、IT技術、ネットマーケティングを知らないと、いろいろと効果が期待できないんですよね。IT関連業者さんはたくさんいますが、何かと知識、技術が偏っているためにうまくいかなかったり。またバランスが良くても。。。(企業秘密です)

自治体関係者向けの発信になりますけど、

自分がいま思っているのは、地方交付金をもらっている行政からは、売上をあげたくない。必要経費(交通費、宿泊費)はもらいたいですけど。

行政でなく、その市町村の民間企業から売上をあげたいなと。

もしくはその市町村にいる民間の売上がしっかり上がるようになってから、行政機関から売上をあげてもよいかと。

結局、自分がいるところは東京方面なので、一極集中の納税になってしまうからなんですけどね。

とまぁ、これからは行政の方とも連携して、進めていこうか考えております。